2011_06
28
(Tue)13:44

デコパージュ石鹸♪

デコパージュ石鹸を作ってみました


デコパージュとは・・・フランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味です。

紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。
17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まりと言われています。
18世紀中頃、ヨーロッパで広まり、フランス上流階級の婦人の間で流行しました。
20世紀に入ってからは、アメリカで男女に関係なく手軽に楽しめるホビーとして大流行し、日本でも人気が出てきたものです。


P1000937.jpg


ペーパーナプキンでデコするのをよく見かけたのですが、家には布がたくさんなので色んな布を使ってみました。
ナプキンよりも表面をつるつるになりにくかったのですが、調べると何度もニス塗りするといいとわかったので、5~10回くらいニスを塗り塗りしました~~

おかげでつるんとした手触りですよ

体に害のないのりを使っているので、普通に石鹸としてお使いいただけます。
模様のない面から使っていただいて、最後に布が1枚残る感じです
角ばったものと、少し丸みのあるものの2種類の石鹸を使っていますが、石鹸自体も、パーム油を使った植物石鹸です。


ニス塗り作業が結構かかるので、個数はたくさん作れませんでしたが、芳香剤・装飾品として~そして普段のお手洗い用にと使っていただけるとうれしいです
スポンサーサイト